メニュー

返済条の緩和と債務の圧縮

弁護士バッジ

破産や個人再生との違い

任意整理とは、銀行カードローンや消費者金融キャッシング、クレジットカードなどで借入を繰り返し多重債務となり返済が困難になった債務者が、借入先に対して返済条件を緩和してもらったり借金額を圧縮をしてもらうなど話し合いで借金問題を解決していく手続きになります。債務者本人が一人で行う場合もありますが、弁護士や司法書士に依頼して行う場合もあります。弁護士や司法書士に依頼をすると、受任通知を発送しますので、受任通知を受け取った債権者は直接債務者本人に接触できなくなるので、督促をストップさせることができます。任意整理以外にも債務整理には自己破産や個人再生などがあります。これらの手続きと異なるのは、裁判所を通すか通さないかです。そのため費用も変わってきます。任意整理は、ほぼ弁護士or司法書士費用だけになります。個人再生や自己破産は、弁護士・司法書士費用のほかに裁判所へ申立て費用や個人再生委員に報酬費用が発生します。任意整理は、あくまで債権者と債務者同士の直接的な交渉なので期日というものがなく、極端な話即日で和解が終わってしまうこともあります。自己破産だと1年かかることもあります。他にも債務整理の手続きには特定調停があります。特定調停は、任意整理と同様の効果ですが裁判所へ通う必要があります。そのため費用は安いのですが、借入先が多い方だと1社ずつ計画案を立てなくてはならないため手間と時間がかかります。任意整理で弁護士または司法書士に依頼した方が手続きも早く効率的に解決します。

Copyright© 2018 弁護士に任意整理を依頼する費用|返済の負担がだいぶ楽になる All Rights Reserved.