メニュー

弁護士に依頼して借金解決

説明

かえって高くならないか

借金問題を解決するために弁護士に任意整理の手続きを依頼する、ここで考えなければならないのは弁護士費用です。任意整理の手続き報酬は、相談費用は基本無料ですが着手金、基本報酬、減額報酬、成功報酬からなります。着手金とは依頼した時点でかかるお金、基本報酬は和解成立した時掛かるお金、減額報酬はどれぐらい減額できたかその経済的利益に対して10%が相場、成功報酬は過払い金返還となった場合に20%程度が相場となっています。任意整理の手続きをすることにより借金が減りましたが、弁護士費用を支払うことによって借金の返済と加算してトータルで支払うお金が、かえって高くならないかということです。例えば、3社から総額100万円の借金をして任意整理をして70万円まで減ったとします。着手金が3万円×3社、基本報酬1万円×3社、減額報酬10%となると弁護士費用は15万円となります。減った借金の元金と弁護士費用を加算すると85万円となるので、このケースは当初の借金より高くなりませんでしたが、法律事務所によっては着手金が1社5万円というところもあります。ただし、任意整理の手続きは将来利息をカットできる効果があります。任意整理であまり減額することができなかったとしても100万円を15%で5年で60回払いで返済すると返済総額は利息含めて140万円近くなります。そのため、弁護士費用のせいでかえって高くなるケースはあまりないのです。

Copyright© 2018 弁護士に任意整理を依頼する費用|返済の負担がだいぶ楽になる All Rights Reserved.