メニュー

無理のない返済が可能

スーツの女性

依頼するタイミング

任意整理とは、現在抱えている借金を返済することができない人が無理のない返済ができるようにするまで、債務を減額する手続きです。しかし、任意整理の手続きをしたとしても大きく減額することができなければ、これまでと返済金額が変わらないということもあり、解決しないということもあります。また、債権者にとってデメリットの大きくなるような条件であれば和解が成立しないケースもあるのです。個人再生や自己破産と違って裁判所を介さないので、必ずしも要求に応じなければならないということでもないのです。任意整理で解決できない人は、5年間の長い返済期間にしてもらっても完済の目途が立ちそうにない、返済できるだけの収入が無い、貸金業者が交渉に応じてくれないといった人です。だからといって返済せずにそのままにしていると延滞利息は積み重なり督促も厳しくなります。当初は自宅に督促状が届きますが、最終的に催告書が届くようになりそれも無視していると訴訟となります。ここまでくると任意整理ができなくなります。では、任意整理に踏み切るにはどのタイミングがいいのか、それは早ければ母いほどよいです。早めに決断します。弁護士や司法書士に依頼すると費用がかかるからためらう人もいますが、ほとんどの事務所で相談費用無料で受けてくれます。費用無料で過払い金のシミュレーションもしてくれるので、どれぐらい減額できるか把握でき、実際に着任するとなったら弁護士費用含めてどれだけ効果があるかなども試算してくれます。

Copyright© 2018 弁護士に任意整理を依頼する費用|返済の負担がだいぶ楽になる All Rights Reserved.