メニュー

借金を解決する手段

ジャッジガベル

ブラックリストに載るが

借金問題を解決する手段である任意整理は、債権者と交渉して和解が成立するれば借金額を減らせたり、利息の支払いを免除してもらうことができる手続きです。しかし、任意整理に限らず個人再生や自己破産といった債務整理を行ってもブラックリストに載ります。ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されることをいいます。ブラックとなってしまうと、今後銀行や消費者金融、クレジットカード会社でローンを組もうとしても審査が厳しくなるので、借りることができないのが一般的です。そもそも任意整理をしている人に対して、これ以上借金を増やそうとは考えないです。返済能力が無いためにブラックとなったわけですから、リスクが高く融資できないと考えるのが普通です。ただし、永久ではなく5年程度の期間です。では、ブラックリストに載ってしまうならそれでも任意整理をしたほうがいいのかとなります。ブラックリストは何も弁護士に費用を払って任意整理をしてもらうだけでなく、借金を滞納していればそれだけで登録されます。現在延滞をしていなくても借金返済が苦しいのなら任意整理をすべきといえます。その理由は、5年間は借りることは難しいですが、現在返せない借金を抱えているままですので追加で借入は難しいからです。相談費用無料の弁護士事務所に相談して、任意整理をしてもらいます。和解までの期間は3ヶ月〜6ヶ月程度です。任意整理は自分で交渉してもできますが、督促がストップするわけではないです。弁護士に依頼することで、受任通知で督促がストップします。弁護士に依頼すると着金費用、報酬金費用がかかります。

Copyright© 2018 弁護士に任意整理を依頼する費用|返済の負担がだいぶ楽になる All Rights Reserved.